ブログトップ | ログイン

ビーボックスアクアリウム 用品情報

埼玉県八潮市にある関東を代表するアクアショップ


by b-box_goods
プロフィールを見る
画像一覧

どこまでやれんのか!その1 ~だって家じゃ飼えないんだもん~

みなさんこんばんは!
ビーボックスの爬虫類担当兼器具担当、マッドドッグ・フタキでっす!!!

普段は爬虫類系のネタばかり書いていて、こっちのブログに書くのは初めてですが
ビーボックスにご来店いただいたことのある方なら、私のことをご存知かもしれません。
2階に常駐している怪しいボウズが私ですので「ブログ見たよ~」とか言っていただけると、
嬉しさのあまりウレションしちゃうかもしれませんのでご注意下さい。

さてさてワタクシ専門は爬虫・両生類なもんで、自宅でも約50匹以上のヘビやトカゲ
なんかを飼育・繁殖しておりますが、魚は1匹も飼ってないんですよ。もちろん、若かりし頃
にはネオンテトラにはじまりアロワナ・ポリプなんかもやっちゃいましたが、もう、ここ10年
近く魚には手を出してません。でも、ビーボックスのようなアクアショップに勤務して
毎日毎日魅力的な魚に囲まれて生活していると、ムショーに魚を飼いたくなりまして、、、
とりあえず手はじめに「サカサナマズ飼ってみたいな~」と、さりげなく妻に向かって
つぶやいてみたところ「はぁ!?バカじゃない!」と一蹴されて
しまい、お話になりません。でも、魚を飼いたい欲求はおさまらず、
だったら店で飼いたい魚を飼えばいいじゃん!
っていう強引な結論に達し、せっかくだったら海水で、ということで店内に展示中の60cm
水槽を私が管理させていただくこととなりました~!パチパチ。

まず最初は水槽の説明から。
最近リニューアルした、ビーボックスオリジナルの60cm海水飼育セットを使用。
水槽をセットしてからの立ち上げにはシッカリと時間をかけていきたいところですが、
そこは横着者の私。すでに1年以上、海水で使用していたエーハイム2217を流用。
フィルターの中にはバクテリアがビッシリと定着したろ材が入っているので、いきなり
水作りは完了!(ズルい?)
皆さんが水槽を立ち上げる際には、ちゃんと手順を追って水作りを行わないとライブロックを
入れただけでアンモニアや亜硝酸が出てしまうので、最低でも1週間は水を回しましょう!

そんなバクテリアだらけのフィルターを使っているにもかかわらず、水だけ回していると
なかなか濁りが取れず何だかテンションが上がらなかったのですが、とりあえずライブロック
を適当に組んでみました。(実際、岩組みは店長にやってもらいましたが…)
c0165807_2325228.jpg

c0165807_23271271.jpg
それと同時に今月のセールアイテム、
プロテインスキマー・シークロンを設置。
ライブロック内部の嫌気バクテリアと
スキマーによる物理ろ過の2重攻撃で
水の汚れを撃退してやれ!
と、期待していたら、ホントにびっくり。
翌日には水がパキーッと透明になり、
一気に私のテンションもUP!!!
調子に乗って、いきなりフレーム
エンゼルを泳がせました。。。









ついでにここで、一つ実験も行ってみることに。
上の岩組み画像を見て、気付いた人もいるかも知れません。
コレ↓
c0165807_23355647.jpgc0165807_2336970.jpg








某メーカー様より頂いた、擬岩なんですね~。話によると単なる擬岩ではなく、
ライブロックのように岩の内部で嫌気ろ過が行われるという効果も期待できるうえ、
非常にリアルな質感、重さ、ルックスなのでイイんじゃね?ということで使用決定!
海藻や石灰藻が付着してくると、よりリアルになってくれるのではないでしょうか。

と、そんなこんなでライブロックとフレームエンゼル1匹を投入してから、本日で約1週間が
経ちました。そろそろ別の生体を投入しても良いだろうと思い、とりあえずそれほどお値段の
張らないサンゴたちを飾ってみました。
c0165807_23491125.jpg

あくまでも、この水槽は「自分で飼うなら」というシュミレーションのもとに生体をセレクトして
いますので、マルチカラーのオオバナなんかはとても手が出ません・・・。でも、サンゴを
少し置いてみて、やっぱり「何かさびしいな~。もうちょい。もうちょい。」とやっているうちに
到底、私の小遣いでは買えないくらいの量のサンゴが入ってしまいました。テヘっ!

それ以外にも、レッドスクーターの異名を持つスターリードラゴネットを2匹と、入荷直後の
ビッグなマンダリンを1匹投入しちゃいましたぜ~。不安だぜぇ~~~。
ちなみにサンゴ&魚3匹を入れる前の亜硝酸濃度は0でしたが、今後どうなるのか!?
気になるキ!!!
今後も時折機会を見て、ビーボックスの60cmセットでどこまでやれんのか?という
実証データを公表していきたいと思いますので、お楽しみに~!
by b-box_goods | 2008-11-07 00:12 | MADDOG海水ブログ